軽井沢追分の東信不動産株式会社  軽井沢追分の見所と魅力 / 軽井沢の不動産・別荘・土地情報-軽井沢に暮らす-東信不動産
軽井沢追分の東信不動産 / 軽井沢に暮らす 豊かな自然に囲まれて 軽井沢に「暮らす」という選択肢。
軽井沢で35年以上の信用。-軽井沢の不動産・別荘・土地-東信不動産
東信不動産会社案内 / 軽井沢追分の東信不動産 案内地図-karuizawa 追分宿MAP-追分宿を歩く / 軽井沢追分の東信不動産 軽井沢の不動産物件情報-土地・別荘・移住&定住・セカンドハウスなど- 不動産に関するお問い合わせ-買いたい・売りたい・その他など- 軽井沢追分の見所と魅力
軽井沢の不動産を売りたい方へ 個人情報取扱について / 軽井沢追分の東信不動産 リンク集(軽井沢観光、軽井沢の天気、渋滞情報、信州長野県情報など) / 軽井沢追分の東信不動産 東信不動産's blog=軽井沢に関することや周辺のことなど担当者の趣味の入ったあれこれブログです。 軽井沢の住まいの規制
軽井沢追分の見所と魅力
 ●   追分宿
 軽井沢には、江戸時代、軽井沢、沓掛、追分の三つの宿場町があり、中山道を通る旅人で賑わっていた。
 なかでも中山道と北国街道の分岐点であった追分宿は、旅籠71軒、茶屋18軒、商店28軒があり、
 3宿の中でもっともにぎわった。現在でも当時の面影を残す枡形の茶屋つがるやがあります。
 ここは2階の壁に枡形とつがるやの屋号を漆喰塗りで浮き立たせ、
 2階を前に突き出した出桁造りになっています。現在は民家のため外観のみ見学可。
 今でも当時をしのばせる江戸時代の大名行列をモチーフにした祭りである馬子唄道中が
 毎年7月下旬に行われています。
武士あらわる! 泉洞寺の入口 茶屋つがるや
馬子唄道中の様子。 追分宿にある泉洞寺。 つがるやさん外観。
 ●   信濃追分駅
 標高955メートルに位置する駅であり、撮影にも利用されることがある素朴なたたずまいです。
 長らく無人駅として存在していましたが、現在では、
 暮らしの手帳社の発行する雑誌『あたらさん』編集室がおかれています。
 始まりは東大の高等文官試験の学生などを収容するため
 1909年(明治42年)夏季臨時停車場として信濃追分駅が誕生しました。
 しなの鉄道になり、長く無人駅として存在していましたが、
 現在では、暮らしの手帳社の発行する雑誌『あたらさん』編集室がおかれています。

    軽井沢/信濃追分駅   しなの鉄道 信濃追分駅
 ●   追分宿郷土館&浅間神社
 江戸時代の旅籠を模した外観が特徴。追分宿の歴史にふれられる道具や資料などみることができます。
 入館料 400円 9:00〜17:00 詳しくはTEL0267-45-1466まで

    追分宿郷土館    浅間神社   追分宿郷土館(左側)&浅間神社(右側)
 ●   堀辰雄文学記念館
 追分に惹かれ、この地を舞台にした堀辰雄文学にふれることができます。
 堀辰雄に関する展示室や晩年を過ごした建物、愛蔵所が納められた書庫があります。
 入館料 400円 9:00〜17:00 詳しくは0267-45-2050まで
旧本陣門 旧本陣門の奥の木立 堀辰雄文学記念館入口
旧本陣門 旧本陣門の奥に入った様子 堀辰雄文学記念館入口
 ●   油や
 江戸時代より、追分宿の脇本陣として、諸大名をはじめ、数多くの文学作家の常宿として
 また作品の舞台として現在でもその面影を残しています。
 現在は旅館としての役目を終えて色々なお店が入居し追分宿のシンボル的な存在で
 本、音楽、アート・クラフトなどのショップや、ベーカリー、喫茶室などがありゆったりと過ごせます。
油や看板 油や看板 ちなみに現役のポストです!
油や看板-中仙道より 油や看板 近くのレトロなポスト-まだ現役です!
 ●   追分宿高札場
 江戸時代に法度などを記した当時の掲示板のようなもので、
 昭和58年に当時の古文書などから高札場が復元されました。

    追分宿高札場   追分宿高札場
 ●   堀辰雄の愛した石仏
 堀辰雄が朝夕ここを散歩し、親しんだといわれています。別名歯痛地蔵ともいわれる。

    歯痛地蔵   堀辰雄の愛した石仏
 ●   分去れの碑
 中山道と北国街道の分岐点。
 石碑には『さらしなは右 みよしのは左にて 月と花とを追分の宿』の歌がきざまれています。

    分去れの碑(中山道と北国街道)   分去れの碑
 ●   シャーロックホームズ像
 この像は、翻訳家、延原謙が油屋旅館の離れを仕事場に
 『シャーロックホームズ』シリーズの翻訳を手がけたことでホームズ生誕100周年を記念して造られたものです。

     シャーロックホームズ像   シャーロックホームズ像
 ●   中山道69次資料館
 江戸時代の五街道の一つ中山道69次が体験できる全国唯一の資料館となっています。
 入館料 500円 10:00〜17:00  休館日 火、水曜日 冬期(12月〜3月) 詳しくは0267-45-3353まで

    中山道69次資料館外観です。   中山道69次資料館敷地です。   中山道69次資料館
 ●   御影用水温水路
 浅間山麓から流れる水は冷たいので、水温を高めるために造られたものです。
 長さは約900m、幅は約20mあり、ゆっくりと流れることで水温の上昇をはかっています。
 景色が綺麗でたまに水鳥もいて、散歩コースとしても使われています。

    御影用水温水路。ゆっくりと流れるせせらぎです。   御影用水温水路
 ●   石尊山(1667m)
 追分登山道より登ることができる日帰り登山(ハイキング)を楽しめる山です。
 浅間山、軽井沢の展望も優れており、途中には、赤滝、血の池、源泉など見所も沢山あります。
 だいたい往復5,6時間の予定で登るとゆっくり見られます。
  赤滝(血の滝)  血の池 源泉より湧き出た水です。
   赤滝(血の滝)
 大きな滝ではないが珍しい色をした滝。
 登山道の途中のおすすめな見所です。
  血の池
他では見たことのない少し異様な風景が
おすすめの見所となっています。
 源泉
少し口に含むと鉄のような味。
飲めるもののおいしくないです。
 ●   浅間山(2568m)
 追分より撮影した軽井沢のシンボル浅間山です。
 右に見えるのが浅間山で、左に見える三角の山が剣ヶ峰、浅間山の下に見えているのが石尊山です。
 追分では所々で浅間山が緑の間から顔を出していますので違った表情の浅間山を見ることができます。
  浅間山  浅間山 国有林と浅間山
   浅間山・剣ヶ峰・石尊山   浅間山  浅間山
 ●   軽井沢の気候
 軽井沢は標高約1,000mの高原となっており、年間の軽井沢の平均気温は約7,9度です。
 8月の最高気温の平均は約25,6度となっており、30度を超える真夏日はあまりないため快適です。
 一方冬は−10度以下まで下がることがあるものの雪があまり降らないため過ごしやすくなっています。
 そして軽井沢は年間を通じて降水量が比較的少ないのも魅力のひとつ。
 またすばらしい豊かな自然環境によって軽井沢の別名は森の中の[屋根のない病院]とも言われます。
 軽井沢に暮らすなら離山より西側がひとつの目安で霧や湿気が少なくなるのでおすすめです。
 また国道18号&国道18号バイパスが通る周辺は軽井沢の中で少ない平坦地となっており、
 年間を通じて軽井沢を楽しむ別荘として使いやすく過ごしやすいのでこちらもおすすめです。
美しい村・軽井沢にようこそ!! -welcome to karuizawa village-
 ここ信濃追分は標高約1000mに位置し昔ながらの軽井沢らしさと豊かな自然が一番の魅力です。
 そのため軽井沢らしい自然を四季折々の暮らしの中で感じることができます。
 軽井沢の中でも霧や湿気なども少なくさわやかな環境で、夏でも涼しく過ごしやすくなっています。
 素朴な建物や史跡も残る文化人に愛される土地であり、別荘はもちろん移住&定住する人も増えています。
 別荘文化は大正の初めごろから今日までの間、国内外の各方面の人々の避暑や永住&週末などの別荘・
 セカンドハウス・学生寮&保養施設などとしても使われ続けています。

新緑の浅間神社 追分節発祥の碑 けやきの新緑とたらの芽
新緑の浅間神社 追分節発祥の碑 けやきの新緑とたらの芽

トップページ-会社案内-当社地図-物件情報-お問い合わせ-軽井沢追分の魅力-不動産を売りたい方へ-個人情報取扱について

リンク集-軽井沢の住まいの規制-ブログ
東信不動産株式会社 軽井沢町大字追分812-1 TEL0267-46-1255
Copyright Toushin Fudousan K.K. All Rights Reserved.